プロポーズの日はどうやって決める?成功させるためのコツやプロポーズする為に必要なこととは?

大好きな彼女にプロポーズをしようと考えているものの、「いつがプロポーズするのにベストな日なのか」と悩みなかなか行動できない男性は多いのではないでしょうか。プロポーズのベストタイミングは人によって異なりますが、悩んでいる場合はプロポーズにおすすめな日を選んでプロポーズしませんか?お悩みの男性様に、プロポーズに人気のタイミングや結婚までの流れについてご紹介します。プロポーズを成功させるためにも、是非参考にしてみてください!

プロポーズ後に最初にすることは?お互いのご両親に結婚報告をしましょう!

 

プロポーズにオススメな日とは?

・2人の付き合った記念日
2人が付き合った日はプロポーズの日として大人気です。彼女にとっては恋をし、恋人同士になることはとても特別なこと。その特別な日がプロポーズの日として記念日になることはさらにうれしいことです。

・誕生日
プロポーズを待っている女性は、自分の誕生日にプロポーズをして欲しいと思う人も多いです。人生でプロポーズは一大イベントで、結婚を申し込まれる日は女性にとって大切な日になります。その大切なプロポーズの日を、彼女の誕生日に選んで喜んでもらおうと思う男性からも大人気の日に。彼女にとって忘れられない誕生日プレゼントになること間違いなし。

・毎年6月の第一日曜日は「プロポーズの日」
ヨーロッパの言い伝えによると『6月の花嫁は幸せになれる』と言う言葉があります。ジューンブライドで、毎年6月の第一日曜日がプロポーズの日です。決心のいるプロポーズですが、結婚のきっかけとなるこのプロポーズの日も人気があります。

・クリスマス
ロマンチックなクリスマスはプロポーズの日として大人気です。2人で過ごしたクリスマスの日、思い出深い場所でプロポーズをすると、思い出と重なって感動的な日になります。リスマスは非日常的なシチュエーションを演出しやすい日です。普段は行かないような、高級でロマンティックなレストランを予約しても不自然ではありません。クリスマスディナーを楽しんでいる彼女に突然プロポーズすると、うれしいサプライズになります。

・一粒万倍日の日にプロポーズ
“いちりゅうまんばいび”と言い、一粒ほどの小さなものが大きく実るような意味合いが込められています。一粒万倍日にスタートしたものが万倍にもなって良い結果になることから、プロポーズの日としては最適なタイミングと言えるでしょう。プロポーズのように“万倍にも実って大きな幸せ”に結び付くことでおすすめな日です。縁起の良い一粒万倍日ですが、特にプロポーズの日としておすすめな日は11月6日(土)母倉日・大明日・大安 です。

プロポーズを成功させるための事前準備

一生に一度のプロポーズは、なにがなんでも成功させたいもの。しかし、準備を怠ってしまうと失敗してしまう可能性があります。そのため、どのような準備が必要なのかをあらかじめ押さえておくようにしましょう。

プロポーズの言葉を考えておく

プロポーズでは言葉が重要になってきます。言葉次第で感動も違ってくるので、まずはどのようなメッセージを伝えたいのかを考えておくようにしましょう。
シンプルで伝わりやすい言葉には、「結婚してください」「これからもずっと隣にいてください」などがあります。プロポーズの言葉が長くなると相手に伝わりにくくなる可能性があるため、なるべく簡潔にまとめるのがポイントです。

プロポーズの場所選び

プロポーズをより感動的なものにするには、場所にもこだわる必要があります。「2人が初めてデートをした場所」「思い出の場所」「ロマンチックな場所」など、彼女が喜びそうなところをいくつかピックアップしておきましょう。もし、レストランやホテルでプロポーズをするのなら、予約をして席を確保しておくと安心です。

プロポーズリングを購入しておく

プロポーズの定番アイテムには「婚約指輪」があげられます。必ずしも用意しなければならないわけではありませんが、婚約指輪のあり・なしでも感動に大きな違いが生まれます。そのため、なるべく彼女に喜んでもらえるよう婚約指輪を準備しておくのがおすすめです。
なお、婚約指輪は購入したらすぐに受け取れるものではありません。すでに作られている婚約指輪であっても受け取りまでに時間がかかってしまうため、早めに購入しておくことが大切です。
プロポーズを成功させるコツについては、以下の記事で詳しくご紹介しているのでぜひ合わせてご覧ください。

プロポーズの言葉ってシンプルな人の方が多い?

女性にとって、プロポーズは一生忘れることがないくらいに大切な瞬間です。自分の気持ちをしっかりと言葉にし、彼女が嬉しいと感じてもらえる言葉で愛を伝えるのが良いでしょう。

・「結婚してください」

77%の女性が憧れている「結婚してください」の言葉は、シンプルだけどストレートで伝わりやすい言葉です。この言葉でしたら、まわりくどくないのでプロポーズだと確実に受け止めてもらえることができるでしょう。

・「一生大切にします」

こちらもシンプルな言葉ですが、胸がときめく素敵なプロポーズです。自分のことを大切に思ってくれているという、彼の気持ちがストレートに伝わりうれしい言葉です。

・「これからもずっと隣にいてください」

未来へとつながる言葉は、先を見据えているという決意を伝えることのできるプロポーズです。シンプルな言葉ですが、この先もずっと一緒に歩んでいきたい、という気持ちが伝わりますね。

良いタイミングの日を選んでプロポーズを成功させよう!

一生9に一度のプロポーズ。後悔のないプロポーズを行うには、しっかりとタイミングを選ぶ必要があります。「プロポーズをしたいけれど、いつがよいのかわからない」と悩んでいる方は、今回ご紹介したプロポーズにおすすめな日ぜひ活用してみてください。

ジュエリーの修理事例
応援企画 京都
トップヘ戻る