京都市婚約指輪

無事、婚約が決まり両家への挨拶や顔合わせを済ませたら、いざ「入籍」!もともとは他人であった二人が、婚姻届を提出することで「夫婦」という関係性として認められるようになります。最近では入籍後に婚姻届けと結婚指輪・婚約指輪を一緒に撮影し、記念にされるかたが増えてきています。しかし、いざ入籍といっても「余裕をもって準備」をしておかなければ、リングや書類等、間に合わない可能性があります。そこで今回は入籍までに何をしておくべきなのかをご紹介!

新婚旅行で人気の場所ってどこ?国内旅行人気最新ランキング!

 

入籍までにすることリスト

①入籍日を決める
当店にお越し頂くお客様で入籍日がだいたい決まっている方は7割ほど。。。仕事が忙しくてスケジュールが合わなかったりすることもあり、「今日プロポーズして明日入籍」というわけにはいかないですよね。新居・リング・結婚式場選びも入籍日が決まっていると逆算してスケジュールを立てやすくなります!「入籍のタイミングは結婚式の前」というのが圧倒的多いです。

②結婚指輪を選ぶ
結婚指輪は、注文してから手元に届くまでに大体2~3ヶ月程度かかります。手元に届いてからもサイズ調整などで時間が必要になるケースもあります。「大切なものだからじっくりデザイン選びをしたい」「オーダーでこだわりたい」「できるだけたくさん試着して決めたい」などの希望がある方は早めに探し始めても良いでしょう。garden京都では80ブランド取り揃えておりますので、ますはどんなリングの種類があるのかを店頭でご覧ください。

③婚姻届や必要書類を準備

婚姻届の用紙は、役所が開いている時間帯であれば申し出るだけで自由にもらうことができます。婚姻届は自分達の署名以外に保証人欄の記入も必要なので時間に余裕を持たせて早めに取り寄せておきましょう。また、最近では「二人だけの婚姻届で出したい!」という方も増えてきています。garden京都では成約頂いたお客様にgardenオリジナルの婚姻届や、そのブランドの婚姻届などもあるので、スタッフにお気軽にお問い合わせください!

まとめ

結婚するとなると、色々と手続きが発生します。婚姻届は慎重に記入しなければなりませんし、身分証など用意するものがあります。リング選びもブランドによって納期が異なるため店頭でしっかりとみて頂くことをオススメします。また、入籍と挙式のどちらを優先させるかについても、実生活の事情を考慮したり、親や友人たちと日程の調整をしたりするなど、面倒な手間が多くかかります。
結婚が決まったら、事前にするべきことを調べて、スムーズな結婚と挙式ができるように行動しましょう。

関西・京都最大級のブライダルジュエリーショップ

garden京都

garden京都ではおふたりが一生身に着けていく結婚指輪・婚約指輪との出会いをお手伝いさせていただきます。指輪探しだけでなくプロポーズ相談も可能です。ぜひ一度、ご試着にいらしてください。お客様のご来店、スタッフ一同心からお待ちしております。

 

おすすめ関連記事

ジュエリーの修理事例
応援企画 京都
トップヘ戻る